2016年02月29日

閏日

皆様おはようございます。
朝礼の話です。
「うるう年 一日のびる卒業を
喜びながら 友とすごす日」
昨年の星美百人一首にのった
高3が高2の時に作った作品です。
一日でも長く星美生でいたい
仲間と一緒にいたいという思いが
伝わってきて、
これを読んだときとても嬉しかったこと
今でも覚えています。

あれから1年、本当にそのうるう年のうるう日である
29日がやってきました。
一日でも長くいたいという思いも、
とうとう明日で終わりになってしまいます。
高校3年生は6年間あるいは3年間
星美学園で過ごし、たくさんのことを学び、
後輩たちに良い模範を残してくれました。
後輩の皆さんもきっと個人的に
先輩たちとの思い出を持っていることでしょう。

いつまでも星美にいたいという思いと、
いつまでも星美にいてもらいたいという思いは、
同じだと思いますが、
人生には皆が同じ思いを持っていても
それがかなわないことは
たくさんあります。
その1つが人との別れなのだろうと思います。
でも、別れは、次の出会いにつながっていきます。

そのことに希望を抱きながら
明日高校3年生の卒業を皆で祝い
その門出を祝福いたしましょう。

高校3年生が卒業していくのは
喜ばしいと同時に寂しくもあります。
でも、素敵な女性に成長した生徒たちを
世の中に送り出すのは
私たちのミッションです。
悲しみをこらえ、
彼女たちが、世の中で
活躍することを応援していきたいと思います。

では今日一日晴れやかにお過ごしください。
posted by sister m at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

国語科読書感想文

皆様おはようございます。
今日の朝礼は
国語科の主催でした。
校内読書感想文コンクールで
優秀賞を取った中学生2名の
作品を読みました。

中学1年生は坊っちゃんを
読みます。坊っちゃんの一本気な
真っ直ぐな気性がとても好きだ。
自分も見習いたい。
坊っちゃんを支えてくれた清という
人の存在が大事で、自分の周りにも
自分そのものを受け入れてくれる人たちがいる。
そんな人たちに私もならいたい。

このような内容の感想文でした。
読書から自分と周りの人たちへ目を向けていて
素晴らしいなと思いました。

中学3年生は「きみに読んでほしい50冊」から
選んで読んだそうです。
その中で有川浩さんの『レインツリーの国』を
読んだ人の感想文が選ばれました。

コンプレックスから一歩踏み出した
主人公と同じような体験をした
自分の体験を書きながら、
自分らしさを大切にしたいという
望みを書いていました。

自分らしく生きるとの決意を持つまでは
苦しむことが多いですが
それが糧となって
自分らしく生きることができるようになりますね。
とても具体的で内面化された
感想文でした。

星美生は感性を磨く機会がたくさんあります。
特に国語科の1年の活動では
実りが出ています。
これからもどんどん素敵な作品を
生み出していってほしいと思います。

では今日一日晴れやかにお過ごしください。
posted by sister m at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

3つの課題

皆様おはようございます。
今日の朝礼は
人生の中でもっとも難しい
課題についてでした。
ベンジャミンという方が
3つあげています。

1つ目が「秘密を守ること」
秘密は自然と漏れていき、
本人だけが知らないということが
あります。

2つ目は、「相手の侮辱を赦すこと」
本当に人のことを侮辱する人が
いますよね。
そのときの怒りを抑えて
その人を赦すのはなかなか難しいものです。

3つ目は、「時間を賢明に使うこと」
時は金なりということわざが出てきて以来、
時間は貴重品となりました。
それを賢く使うことは大きな課題ですね。

大変難しい課題ですが、
この3つの課題を解決し続けることで
幸せな人生が送れるのだと思います。

今日は保護者のための勉強会
「ひかりの会」があります。
教科を知るという題で6回目に
なりますが
私自身いい学びをしています。
今回は英語ですが
新大学テストや4技能についての
お話も聞けるので楽しみにしています。
何よりもご参加くださった
保護者の皆様のお声が聞けること
毎回楽しみにしています。

では今日一日晴れやかにお過ごしください。



posted by sister m at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする