2015年11月30日

徳の花6日目

皆様おはようございます。
今日の徳の花は
『あなた方は、知っていることに関して、
決して自惚れてはなりません。
人は多く知れば知るほど、
自分の道を認める者です。』
知らないことは謙虚に受け入れ、
その上で自分の知識を良く活かしましょう。
というものです。

人には厳しいけれど自分に甘い人は
信頼されません。
自信を持って生活することは大事ですが、
自惚れはいけません。
謙虚にでも自信を持って
生きていきましょう。

今日の当番の教員は
このようなコメントをしていました。

自信と自惚れの差は何なのでしょうか?
きっと自信はたくさん積み上げてきた
努力の上にあるもので、
自惚れは、中味のないものなのかも
しれません。

自分の中でこれはというものを
しっかりと持ち、
謙虚にでも自信を持って
日々を過ごせる人に育って欲しいと思います。
では今日一日晴れやかにお過ごしください。


posted by sister m at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

徳の花2日目

皆様おはようございます。
今日の徳の花は
「『今日、行うことができる善行を
明日にのばさないように。
明日はもはや時間がないかもしれません。』
私たちに与えられた時間は限られています。
きょう、愛の行いができるチャンスを
大切にしましょう。」
です。

教員のコメントです。
高校の時に電車の中で
お年寄りに席を譲るタイミングが
大事で、次降りますからどうぞと
言ったところ、自分も降りますからと
言われ、でも、座るわけもいかずに
降りる駅でもないの降りてと、
こんな経験もあったそうです。
善をするとは難しいことだと言っていました。

また、
朝早く教室に行くと
手洗い場に生徒が1人いるので
何をしているのだろうと
そっと近づくと
雑巾できれいに掃除をしていたそうです。
それを見てとても嬉しかったそうです。
誰も見ていないのに
1人できれいにしている姿が
一日気持ちの良いものにしてくれました。
きっと人知れず良いことをしている生徒が
たくさんいるだろうと思います。

そんなことができる人がいることは
とてもうれしいことですね。
と、感動を伝えてくれました。

最後は、
「今日行うことができる勉強を
明日に延ばさないように。
明日は、もはや時間がないかもしれません。」
という言葉で終わっていました。

私は廊下を歩きながら
生徒たちの反応を見ているのですが、
とてもいい反応で
笑ったり、しんとなったりで
良いお話しでした。

勇気を出して善を行える人に
育って欲しいと思います。
では今日一日晴れやかにお過ごしください。
posted by sister m at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

無原罪の聖母マリア様の徳の花

皆様おはようございます。
今日から徳の花が開始しました。
12月8日に祝われる
無原罪の聖母マリア様の祭日の
準備のための徳の花です。

ドン・ボスコが最初の少年と出会ったのが
この祭日の日でしたので
サレジアンに取っては大きなお祝い日です。
そこで本校もこの祭日を大切にしています。

徳の花の日は、毎回教員が
自分の体験をもとに、話をしてくれます。
生徒たちも今日は誰だろうと
楽しみにしているようです。

最初の日は宗教部長がすることになっています。
今日は、勉強ができるようになる秘訣を
ドン・ボスコの言葉から
引用して話をしてくれました。
期末テスト前で
生徒たちにとって、良い刺激になったと思います。

徳の花は生徒たちに善をする機会や、
自分を変えるチャンスを与えます。
そして、準備された心で
お祝い日を過ごせたらと思います。

では今日一日晴れやかにお過ごしください。
posted by sister m at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。