2014年05月21日

ごあいさつ(テスト投稿)

 星美学園へようこそ。星美学園中学校高等学校は、創立者である聖ヨハネ・ボスコと聖マリア・マザレロの意志を引き継ぐ、カトリックのミッションスクールです。「宗教・理性・慈愛に基づく予防教育法による全人間教育」を建学の精神とし、「社会の人々に貢献できる女性の育成」を教育理念としています。

 聖ヨハネ・ボスコは、生涯、「アシステンツァ(生徒と共にいる)」という生き方を貫きましたが、星美学園でも、教員と生徒たちが家族的な雰囲気のもと、学園生活を送っております。生徒たちと共に過ごし行動する時間をより長く大切にして、信頼関係を築くことがわたくしたちの意思です。同時に、愛情と信頼によって素直で愛情あふれる生徒たちを育み、世の中に送り出すという社会貢献を目指しています。

 星美学園では、毎朝、放送朝礼を行っています。神に祈りを捧げ、聖歌を歌い、わたくしたちの歴代の校長もわずかな時間ですが、自身の考えや神の教えを伝えてきました。小さな積み重ねではありますが、わたくしたちが伝えたいと考えている、「キリスト教の価値観」は生徒たちの心に少しずつ浸透し、心を整え、また心の舵となって、迷ったときに正しい方向へ導きゆくものになります。心が整うと、生徒たちには、すべての事柄に、素直に、真摯に向き合おうとする姿勢が芽生えます。勉強はもちろんのこと、クラブ活動にも、学校行事にも真剣に取り組めるようになります。

 また、星美学園がその名や校章に掲げる星とは、聖母マリアを示します。わたくしたちは、聖母マリアを女性の生き方のモデルとして、「信じること」「忍耐力」「深い愛情」そして「人のために生きること」を学んでほしいと考えています。“心に舵”を抱き、素直にそして真摯に物事に向き合える、慈愛に満ちた女性。社会に尽くすことができる女性。そうした女性を育み、世に送り出すこと。それこそが、星美学園が目指している教育です。
greeting-img-1.jpg
学校長
シスター 森下愛弓


posted by sister m at 10:10| ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。